1. TOP
  2. 新宿区でRubyプログラミング講座

新宿区でRubyプログラミング教室+勉強したい無料体験OK

新宿区でRubyプログラミング教室+勉強したい無料体験OK

本格的なプログラミング言語として勉強するなら、2019年ではRubyがおすすめ。

オブジェクト指向のプログラミング言語の中では、シンプルで開発案件もかなり増えています。

新宿区の企業案件でもRubyを使用したシステム開発が特に増えてきています。 東京都内でもそうですが、Rubyを使用したWebシステムの開発案件では、常に技術者が不足しています。

その理由として、従来PHPで開発していたが、システム統合や新規の案件では、Rubyが使える方を募集していることはよくあります。

RubyとRuby on Rails の両方が使えることが望ましいのですが、Ruby on Rails自体は、Webアプリケーションのためのフレームワークなので、実際の現場ではよく使われることがあります。

ただし、Ruby on Railsを使うにしても、Rubyの基本構造が理解できていないと、出力やデータベースとの連携がまったく取れないことにもなります。

特にデータベースとの連携や処理については、Rubyで変数や配列処理をしなくてはいなけいことがほとんど。関数や出力記述が適切か、ループ構造や条件分岐がよりシンプルにできるかなど、求められるスキルは多くあります。

新宿区内の企業サイドでも募集案件はかなりあると思います。2019年現在でも、C言語、PHPなど従来のプログラミング言語が使える方は必要とされています。

今後のシステム開発でもC言語はやはり強いものがありますが、Webアプリケーションと出力をWebブラウザにしたい企業も多くあります。

今後は、スマートフォンのユーザ環境を想定したシンプルかつ高速なWebアプリケーションの開発が望まれています。

モバイル通信が5G環境になって、回線速度自体は高速化されてもサーバーで処理できるデータ量を最小にしていくことは急務とされています。

Rubyは、開発案件が減りつつあると言われていますが、求人案件や企業案件を見る限りは、今後もRuby技術者は多く必要とされています。

また、Rubyで開発されたWebシステムをアップデートや保守をする上では、必要な人材が多くあります。

新宿区で、Rubyを勉強したい方は、今後も給料が高く設定されていると思いますので、早い段階でRubyの構造を理解して、Ruby o n Railsのフレームワークを活用したWebアプリケーションの効率的な開発ができる技術者になることをおすすめします。